エステと医療脱毛を比較
これからムダの脱毛を考えている人の中には、エステサロンと医療機関のどちらで脱毛を受けようか迷っている人もいるのではないでしょうか。

エステサロンで行われているのは光脱毛と、医療機関で行われているのがレーザー脱毛。

今回は、エステサロンの脱毛と医療機関の脱毛の違いについて紹介します。

1.エステ脱毛と医療脱毛の脱毛のメカニズムの違い

女医が解説

エステサロンで行われる脱毛とクリニックなど医療機関で行われる脱毛のメカニズムは、基本的には以下のように同じものになります。

1. 光やレーザーを皮膚に当てると、毛の黒い色素であるメラニン色素より、熱エネルギーが吸収される。
2. 熱エネルギーがムダ毛の成長にかかわる毛根の細胞にダメージを与え、ムダ毛の再生を抑える。
3. 毛の毛周期に合わせて、2~3か月おきに施術を行い、ムダ毛のない肌を目指していく。

脱毛の仕組みが同じであるエステ脱毛と医療脱毛の異なる点は、熱エネルギーの出力の強さです。

一般に、エステサロンでは、出力の弱い光脱毛が行われるのに対して、医療機関では出力の高いレーザー脱毛が行われます。

どうして、エステではわざわざ出力の弱い光脱毛を行うかというと、レーザーの使用は医療機関でのみ使用が認められているため。
エステの光脱毛では、医療レーザー脱毛のように、毛根の細胞を破壊することはできず、ダメージを与えて弱めていくとイメージすると分かりやすいですね。

2.どちらがキレイになる?エステ脱毛と医療脱毛の脱毛効果や施術回数

脱毛を始める多くの人は、ムダ毛のないツルすべの肌になりたいと考えている人が多いでしょう。

エステサロンで行われる光脱毛とクリニックなどで行われるレーザー脱毛は、メカニズムこそ同じであるものの、脱毛効果にも違いがあります。

脱毛をスタートした場合、毛周期と呼ばれるムダ毛の再生周期である2~3か月おきに施術を行うのが一般的です。

脱毛する場所にもよりますが、ムダ毛のない肌を実現するためには、エステ脱毛と医療脱毛では次のような違いがあります。

・エステ脱毛  12~24回
・医療脱毛   6~8回

光脱毛では、レーザーよりも出力の弱いため、その分脱毛効果も低くなります。

そのため、医療脱毛よりも倍以上の施術を行わなければならず、脱毛期間も長めに。

しかし、脱毛の施術を重ねれば重ねるほど、毛根へのダメージが大きくなるために、ムダ毛自体が細くなっていく傾向があります。

そのため光脱毛では、ムダ毛がなくならずうぶ毛として残ってしまう可能性もあるでしょう。

短期間で完璧に脱毛をしたいという人は医療脱毛が、時間はかけてもいいからムダ毛そのものを薄くしたいという人はエステ脱毛がおすすめです。

もちろん、うぶ毛になればムダ毛の自己処理はかなり楽になりますよ。

3.エステ脱毛と医療脱毛、痛いのはどちら?

脱毛性術を受けるときに心配なのが、施術による痛みです。

光脱毛もレーザー脱毛は、毛根に熱エネルギーを吸収させることで脱毛を行うので、施術中に痛みはつきものです。

脱毛時の痛みとしてよく例えに使用されるのが、「輪ゴムでパチンと弾いたような痛み」です。

しかし、ワキやVIOなど太い毛の生えた箇所は、熱エネルギーを吸収しやすいので、痛みは強くなる傾向にあります。

それぞれの脱毛方法がどのくらいが痛いかといえば、光脱毛の痛みはまさに輪ゴムで弾かれたような痛みといえるでしょう。

一方、脱毛効果が高い分、光脱毛より痛いといわれているのが医療脱毛。
レーザー脱毛による痛みの感じ方は、次のような意見があります。

・肌に剣山を刺し続けているような痛み
・肌に揚げ油が飛び散り続けたような痛み
・痛みをあまり感じなかった。

光脱毛よりも痛いといわれるレーザー脱毛ですが、痛みの感じ方には個人差があるため、中には、十分がまんできる痛みだという人も。

いずれにしても、光脱毛と医療脱毛も、脱毛施術前にはクーリングジェルを塗るので、痛みを和らげることができます。

さらに、医療脱毛では、追加の料金を支払うことで、麻酔クリームを塗ってくれます。

また、脱毛機械にも肌を冷却する機能がついているものもあるので、痛みに弱い人は、脱毛機械もチェックするとよいでしょう。

エステサロンや医療機関によっては、カウンセリングでワンショットの試し打ちをしているところもあるので、利用してみてくださいね。

4.やっぱり気になる料金…エステ脱毛と医療脱毛の違い

レジ

これから脱毛を始めるうえで気になるのが、脱毛料金です。以前までは高いイメージがあった脱毛ですが、最近ではエステサロンやクリニックの脱毛でも競争が見られており、脱毛料金は年々低くなっています。

脱毛の価格には、パーツごとに価格が決められていますが、全身脱毛の価格を例にしてみると、だいたい次のようになります。

・エステ脱毛 20~25万円
・医療脱毛  40~60万円

こうしてみると、やはり高いのは医療脱毛です。

一般に脱毛など審美目的の治療では、健康保険適用外となるため、全額自己負担となります。

また、脱毛料金も医療機関ごとに、自由に決められるので、クリニックによっては、かなり高めの価格が設定されていることも。

その一方で、都内のクリニックを中心に、エステ脱毛と同じくらいの価格で、医療レーザー脱毛を提供しているところもあります。

脱毛施術は1回で終わるものではありません。
脱毛を始める場合には、自分がどの程度までなら払えるか吟味して、脱毛を選ぶのも大切ですね。

5.肌トラブルが起きたらどうする?エステ脱毛と医療脱毛のそれぞれの対応

脱毛をしていると見かけることがあるのが、肌トラブルです。

光脱毛やレーザー脱毛の中には、美肌効果が期待できるものがある一方で、ヤケドなど肌にトラブルを生じてしまうことも。

そんな時に気になるのが、脱毛による肌トラブルの対応です。
エステ脱毛と医療脱毛のそれぞれの対応は次のようになります。

・エステ脱毛の場合

エステ脱毛で肌トラブルが生じた場合、基本的に自分で皮膚科などの医療機関を受診する必要があります。

最近では、脱毛エステの多くが、医療機関と提携しているため、肌トラブルが現われても、対応はスムーズ。

・医療脱毛の場合

医療機関で行われる医療脱毛では、ヤケドなど肌トラブルが生じた場合、その場にいる医師が診察してくれます。

この場合、内服薬や塗り薬も処方してくれるので安心。

脱毛をするすべての人に、ヤケドなどの肌トラブルが生じるわけではありません。

しかし、もともと肌が弱かったり、敏感であったりする人は、肌トラブルの可能性も考えて、どこで脱毛をするか決めるとよいですね。

6.まとめ

これまでの比較を見て、エステ脱毛と医療脱毛は脱毛のメカニズムこそ同じであるものの、効果や施術にともなう痛み、脱毛料金など、それぞれにメリットとデメリットがあります。

これらをまとめたうえで、エステ脱毛や医療脱毛におすすめの人は次のようになります。

●こんな人はエステ脱毛がおすすめ

・まずは安い価格で気軽に脱毛を始めたい人
・肌に多少うぶ毛が残ってもOKな人
・極度に痛みに弱い人

●こんな人は医療脱毛がおすすめ

・料金は高くてもよいから、ツルツル&すべすべの肌になりたい人
・短期間で脱毛を終えたい人
・痛みに強く、我慢強い人

どちらの脱毛を選んでも、実際に脱毛を受けてみて、乗り換えることは可能です。
実際に、「医療脱毛が痛すぎてエステ脱毛に変えた」「エステ脱毛では効果が薄く、医療脱毛に変えた」という人も少なからずいます。

とはいえ、せっかく脱毛を始めるのなら、自分がしっかり納得できるところで行いたいですよね。

気になるところがあれば、カウンセリングに通ってみるのがおすすめですよ。