脱毛メカニズム

なぜ脱毛サロンやクリニックに行くと毛が生えてこなくなるのか。

この理由をごぞんじですか?

実は、脱毛のメカニズムを知ることで、適切な施術を受けることができるようになります。

つまり、失敗しない脱毛ができるわけですね。

そこで今回は、光脱毛やレーザー脱毛のメカニズムについて紹介します。

 (1)毛の毛周期について

脱毛のメカニズムについて知る前に、知っておくべきことがあります。

それは、毛の生える仕組みについてです。

髪や体毛(いわゆるムダ毛)に覆われている人間の体ですが、これらの毛はサイクルしたがって、抜けたり生えたりを繰り返しています。

そのサイクルというのが毛周期で、具体的には次の3つの周期に分けられます。

・成長期:毛根の細胞が分裂し、ぐんぐん毛が成長する時期

・退行期:体表に毛は生えているものの、毛根の細胞分裂が止まっている時期

・休止期:毛が皮膚から抜け落ちている時期

(2)脱毛のメカニズム

サロンやクリニックで行われる脱毛では、光やレーザーを肌に当てることで、ムダ毛のメラニン色素から熱エネルギーを吸収して、毛の再生にかかわる毛根の細胞にダメージを与えたり、破壊することで、脱毛効果を得ます。

一般に、ワキ毛のように太くて濃いムダ毛は、熱エネルギーを吸収しやすいため、光やレーザー脱毛による反応がよく、脱毛効果が高くなります。

反対に、産毛など細い毛や色素の薄い毛では、メラニン色素が少ないために、脱毛効果が低くなります。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

ちなみに、光脱毛とレーザー脱毛の違いは、出力の強さに違いがあります。

そう、出力の違い。

レーザーなどを使用して、細胞を破壊する行為は医療行為とされているため、エステサロンで行うことができません。

そのため、サロンではレーザーより出力の弱い光を使用して脱毛施術を行います。

一般に、出力の高いレーザー脱毛の方が脱毛効果が高く、施術回数も少ない傾向があります。

それに対し、光脱毛では脱毛効果が弱くなるため、施術回数も増える傾向にあります。

一方で、出力の弱い光脱毛では、施術時の痛みが少ないため、肌が弱い人や敏感な人でも受けやすい脱毛法といえるでしょう。

基本的に施術は2~3か月ごと

光脱毛やレーザー脱毛を行う場合、施術は2~3か月おきに行うことになります。

ムダ毛には毛周期があることは説明しましたが、脱毛効果が得られるのは成長期の毛のみ。

一般的に、体の表面に生えている毛は全体の3分の1程度といわれており、成長期の毛にいたっては10~20とされています。

そのため、確実に脱毛効果を得るためには、毛の生え変わりの周期である毛周期に合わせながら、施術を受けることが大切です。

ただし、人気のサロンやクリニックの中には、利用者が集中してしまい、予約は取りにくいこともよくあります。

人によっては、「半年後にようやく予約が取れた」というケースもあり、脱毛するサロンやクリニックを選ぶときは、予約の取りやすさも重要なポイントですね

(3)新しい理論の脱毛方法も

光脱毛やレーザー脱毛のメカニズムは、熱エネルギーにより毛根の細胞にダメージを与えるものですが、近年新しい脱毛方法も取り入れられています。

蓄熱式のレーザー脱毛

これまでクリニックで行われているレーザー脱毛では、レーザーの熱エネルギーが毛根の細胞を破壊するというものでした。

しかし、近年になって、毛根の細胞ではなく「バルジ領域」と呼ばれる部位を破壊することで、脱毛効果が得られることが分かりました。

バルジ領域は、発毛にかかわる大切な部分です。

実際に、この脱毛理論は蓄熱式の脱毛機器として実用化されています。

バルジ領域による脱毛もレーザーを使用しますが、従来のレーザー脱毛よりも痛みはぐっと少なくなります。

従来のレーザー脱毛が、輪ゴムを弾かれたような痛みであるのに対して、蓄熱式のレーザー脱毛では、ジリジリと日光が当たるような感じで、肌の内部に熱を感じます。

現在、バルジ領域にターゲットを絞った脱毛方法は、メラニン色素を使って熱エネルギーを吸収させていますが、今後、新しい技術が開発されれば、毛のない部分の脱毛効果を得られるようになるといわれています。

そうなれば、毛周期を気にせずに脱毛施術を受けることができるので、脱毛期間はさらに短くなりそうですね。

スムース・スキン・コントロール脱毛(S.S.C.脱毛)

サロンで行われている光脱毛の中には、ミュゼや脱毛ラボなどS.S.C.脱毛を採用しているところもあります。

S.S.C.脱毛は、光だけでなくジェルとの相互作用によって脱毛効果を得るものです。

通常の光脱毛はIPL脱毛といわれていますが、光の熱エネルギーにより毛根の細胞にダメージを与えるものです。

一方、S.S.C.脱毛では、抑毛効果のあるビーンズを含むジェルを使用し、弱めの光で脱毛を行います。

そのため、S.S.C.脱毛では肌により優しく、施術時の痛みも少なくなります。

一方で、ジェルビーンズは毛の再生を抑える成分であるため、脱毛期間中の毛の再生は抑えられますが、脱毛効果はイマイチでることも。

光脱毛でも、肌が赤くなってしまったというような人は、S.S.C.脱毛に挑戦してみてもよいですね。

(4)脱毛するときの注意点

サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛でしっかり効果を得るためには、日常のセルフケアも大切になります。

脱毛前・脱毛後の日常ケアのポイントについて以下になります。

毛抜きやワックスによる自己処理を控える

脱毛期間中のムダ毛の処理は毛抜きやワックスなど、毛根から毛を引き抜くような自己処理はしないようにしましょう。

特に、注意したいのが、脱毛前の自己処理。自己処理でムダ毛そのものを引き抜いてしまうと、光やレーザーによって脱毛効果を得ることができます。

施術後の自己処理でも、毛を引き抜くことで、毛周期にバラつきが出る原因になります。

脱毛期間中のムダ毛の自己処理でおすすめなのが、電動シェーバーです。

ムダ毛の自己処理で手軽なのはカミソリですが、刃が直接肌に触れるため、必要な角質をそぎ落としてしまいます。

電動シェーバーなら刃が直接肌に当たらないので、より肌に優しい自己処理方法といえるでしょう。

日焼けをしないようにする

脱毛前で大切になのが、紫外線による日焼け極力控えることです。

日焼けにより肌が黒くなると、光や脱毛の際に、ムダ毛だけでなく肌のメラニン色素からも熱エネルギーが吸収されてしまうため、施術後の赤みや火傷などの原因になります。

また、光やレーザーによる脱毛は白黒のコントラストが強いほど、脱毛効果を得ることができます。

すでに肌が日焼けをしてしまった…という人は、秋など日焼けが落ち着いた時期に脱毛を始めるのがおすすめです。

また、脱毛前だけでなく脱毛後も紫外線ケアを行うようにしましょう。

脱毛施術後肌の抵抗力が弱くなっているため、紫外線のダメージを受けやすくなります。

紫外線は1年中降り注いでいるので、服などで覆われていない部分は日焼け止めを利用して、しっかり対策をしたいですね。

(5)まとめ

脱毛のメカニズムが少しはわかっていただけたでしょうか?

サロンやクリニックの脱毛は、光やレーザーの熱エネルギーによって毛根の細胞にダメージを与えて、効果を得るものです。

最近ではサロンやクリニックでも、新しい脱毛方法も出ており、それぞれに特徴があります。

自分の受ける脱毛のメカニズムを理解して、より効果が上がるようなケアを行っていきたいですね。