医者肌トラブル

脱毛を始める人の中には、肌トラブルが出るかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。

人によっては脱毛により、肌トラブルが起きてしまうことがあります。

この記事では、脱毛の肌トラブルの種類や対応方法について紹介します。

1.脱毛後の肌トラブル

(1)肌の赤みやヒリヒリ感

肌の赤み
脱毛施術後の肌トラブルとして、最もよく見られるのが肌の赤みやヒリヒリ感です。

肌の赤みは、脱毛により光やレーザーを照射することで、ムダ毛や毛根だけでなく周辺の皮膚にも熱エネルギーが吸収されることで起こります。

脱毛後の赤みやヒリヒリ感は、ワキやVIOなどの太い毛で起こりやすくなります。

また、出力の弱い光脱毛よりも、出力の高いレーザー脱毛に良く見られる現象です。人によっては、肌全体が赤くなるだけでなく、むくみができてしまうこともあります。

赤みやヒリヒリ感の対処法

脱毛当日に肌の赤みやヒリヒリ感を感じた場合、肌の炎症を悪化させないために、激しい運動やお酒は控えましょう。

入浴時も、熱いお湯の湯船に浸かるのではなく、シャワーでさっと済ませます。

一般に、肌の赤みは脱毛当日がピークで、数日もすれば自然に赤みは引いていくものです。

医療脱毛であれば、施術後にクリニックで炎症止めの軟膏止めを処方してくれたり、無料でプレゼントしてくれるところも。

1週間経っても、赤みやヒリヒリ感が引かない場合は、医療脱毛ならクリニックで相談し、サロン脱毛では皮膚科を受診するようにしましょう。

 

(2)火傷

サロンやクリニックの脱毛は、光やレーザーの熱エネルギーを吸収させることによって、脱毛効果を得るため、肌の赤みにとどまらず、火傷まで発展してしまうケースもあります。

そもそも、十分な脱毛効果を得るのには、弱い出力で施術を行うのではなく、肌の火傷に気をつけつつ、高い出力で施術を行う必要があります。

光脱毛よりも出力の高いレーザー脱毛の方が、火傷のリスクは上がりますが、レーザー脱毛は医療機関で行われるため、より安心といえます。

レーザー脱毛では、サロン脱毛のように、画一的に強さを設定するのではなく、1人ひとりの肌の強さや毛質に応じて、出力を調節して行われます。

火傷の対処方法

サロンやクリニックで脱毛を行う際には、火傷が起きないように注意が払われますが、万が一火傷が起きた場合は、サロンに報告し、医療機関の皮膚科に受診しましょう。

医療脱毛であれば、脱毛を行ったクリニックで、治療を受けることができます。

 

(3)毛嚢炎

脱毛をした部位に、ニキビのような赤いブツブツができることがあります。

このできものは毛嚢炎といって、光やレーザーを照射したことにより、肌のバリア機能が低下することで起こるものです。

もともと、肌には常在菌が住み着いています。

菌と聞くと、汚いばい菌のようなイメージが浮かびますが、常在菌には肌を守る役割のある善玉菌と、肌に炎症を起こす悪玉菌の両方がいます。

肌のバリア機能を高めるには、無菌にするのではなく、常在菌のバランスが大切です。

しかし、脱毛施術により、光やレーザーを照射すると、肌の常在菌が一気に死滅して、肌の菌のバランスが崩れるために、毛穴の細菌により炎症を起こしやすくなるのです。

毛嚢炎への対処方法

毛嚢炎を防ぐには、細菌の毛穴への侵入を防ぐために脱毛した部位の皮膚を清潔にすることが大切です。

ただし、皮膚の清潔を意識すぎるあまりに、皮脂を洗い流し過ぎると、肌の抵抗力が落ちる原因にも。

脱毛後は、肌に必要な皮脂を残すために、マイルドな洗浄剤を使って優しく洗うようにしましょう。

なお、毛嚢炎になった場合は、医療脱毛であれば、同じクリニックで治療を受けることができ、内服薬や塗り薬を処方してもらうことができます。

サロン脱毛なら皮膚科を受診して、毛嚢炎の治療を行いましょう。

 

(4)増毛化・硬毛化

光脱毛やレーザー脱毛で、ムダ毛の脱毛をしているのに、以前よりもムダ毛が増えたり(増毛化)、濃くなったりしてしまうことがあります(硬毛化)。

脱毛施術による増毛化や硬毛化のメカニズムについては、まだはっきりと分かっていません。

しかし、増毛化や硬毛化は太い毛よりも産毛に現れやすことから、施術による光やレーザーにより、毛の細胞が活性化されていしまうのではないかといわれています。

増毛化や硬毛化が起こりやすい部位は、顔やうなじ、背中などの毛の薄い部位に多くなります。

増毛化・硬毛化への対策

脱毛をしているのに、かえってムダ毛が増えたり濃くなったりするのは残念ですが、増毛化や硬毛化で太くなるということは、反対に言えば光脱毛やレーザー脱毛に反応しやすくなるということ。

そのため、施術を追加して行えば脱毛をすることが可能です。

増毛化や硬毛化が起こるのは非常に稀なケースであり、レーザー脱毛を行っているクリニックによっては、増毛化や硬毛化したムダ毛に対して、無料で施術をしてくれるところもあるので、チェックしてみるとよいでしょう。

また、エステサロの場合は、施術終了後も1年間の保証があったり、回数無制限プランなどもあるので、プラン選びの際に参考してみてください。

 

(5)内出血

内出血は光脱毛やレーザー脱毛ではなく、針脱毛で起こる肌トラブルです。

毛根の1つ1つに針を刺す針脱毛では、誤って針が突き抜けてしまうことで、内出血になることがあります。

内出血への対応法

いわゆるアザと同じである内出血は、皮膚の中にたまった血液が吸収されれば、自然に消えていきます。最初は、内出血の部位も、紫や赤色から黄色に変化していくのは、異常ではないので、安心してくださいね。

 

2.サロンよりもクリニックの脱毛の方が安心?

脱毛による肌トラブルの対処方法を見ると、サロンで脱毛した場合は、自分で医療機関に行く必要があるの大して、クリニックなどの医療機関で脱毛した場合には、同じところで対応してもらえることに気づいた人も多いのではないでしょうか。

医療脱毛の大きなメリットが、肌トラブル時にすぐに対応してくれるところです。

クリニックによっては、脱毛による肌トラブルに関しては、無料の診療を保障してくれるところもああります。

サロンでの脱毛は、肌トラブルが起きたときに心配…という人も安心してください。

近年、大手の脱毛サロンの多くが医療機関と提携しており、肌トラブルが起きたときに、スムーズに対応してくれます。

光脱毛やレーザー脱毛の施術を受けたすべての人に起こるわけではなく、むしろ少数派。

多くの人が、肌トラブルなく脱毛を終了している人の方が多いといえます。

それでも、肌トラブルが心配である人は、脱毛場所を選ぶときのチェック項目の1つしてみるとよいでしょう。

サロンやクリニックの脱毛前のカウンセリングでは、試し打ちをしてくれるところもあるので、事前に確認するのもおすすめですよ。

 

3.まとめ

サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛の施術を行う場合、ムダ毛がなくなるメリットがある一方で、次のような肌トラブルを生じてしまうことがあります。

・肌の赤みやヒリヒリ感 →数日は様子観察

・火傷        →すぐに医療機関へ受診

・毛嚢炎       →医療機関に受診

・増毛化、硬毛化   →施術回数を増やす

・内出血       →範囲が小さければ、様子観察

 

脱毛による肌タラブルは、自然に治るものから、医療機関への受診が必要になるものまであります。

医療脱毛であれば、施術を行っているクリニックに相談し、サロンであれば自分で医療機関へ受診するようにしましょう。

なお、サロンによっては、医療機関と提携しているところもあるので、脱毛場所を選ぶときに参考にしてみるとよいですね。